疾患と治療 | はせがわ内科クリニック

お電話でのお問い合わせはこちら

011-851-0610
札幌豊平区内科ならはせがわ内科クリニックへ

慢性糸球体腎炎って?

腎臓は老廃物の処理、ミネラル・酸塩基のバランス・造血ホルモンの産生を主に行っています。老廃物の処理を尿として排泄していますが、その尿中に蛋白質や赤血球が漏れてしまうのが糸球体腎炎で、数年の単位で進行するものまたは急に増悪するものが慢性糸球体腎炎です。慢性糸球体腎炎には進行するとネフローゼ症候群がメインになるもの、あるいは慢性腎不全がメインになるものなど様々です。健診で尿蛋白を指摘されたことがある方は、一度ご相談下さい。

治療

蛋白質を制限した食事(1日40g)と塩分制限(1日6g未満)が必要になります。慢性糸球体腎炎には、様々な原因がありますが、その原因に合わせた治療のプロトコールがあり、多くはステロイド薬を使用しますが、治療に反応しやすいもの、または抵抗性を示すものがあります。そのタイプを確定診断するために腎生検が必要になる場合もあります。腎生検は入院が必要になります。

ネフローゼ症候群について

ネフローゼ症候群の原因のほとんどは、上記の慢性糸球体腎炎になります。糖尿病も進行すると、尿蛋白が漏れてしまう糖尿病性腎症というものを合併してしまい、慢性糸球体腎炎と同じような病態を示します。尿中蛋白排泄量が3.5g/日以上の高度尿蛋白で、血中の総蛋白濃度が6.0g/dl以下または、血中のアルブミン濃度が3.0g/dl以下の低蛋白血症の時はネフローゼ症候群と診断されます。低蛋白血症があると、本来血管内に蛋白質と結びついて血流にのっている水分が血管内に留まれず、血管外に漏出します。それが浮腫や胸水などになってしまい、息切れ・疲労などの全身症状につながります。治療としては、利尿剤を用いての浮腫の軽減を目指しますが、入院安静や場合によっては透析を必要とする場合もあります。

慢性腎不全について

前述した慢性糸球体腎炎には、ネフローゼ症候群へ進展するものと、尿量が減って酸塩基のバランスや造血ホルモンの減少により、貧血を示すようになるものがあります。後者の場合、尿量が減少し、検査項目の血清クレアチニンという項目が高値を示す時、腎不全と診断し、数ヶ月や数年に渡りクレアチニン値が高値を示すときに慢性腎不全と呼んでいます。現在、残念ながら慢性腎不全の治療に特効薬はありませんので、まずは蛋白制限食・塩分制限食が基本となり、降圧剤を中心とした血圧を下げる治療などを行っていきます。透析が必要になるのは血清クレアチニン値は8.0以上を1つの目安として採血検査で経過観察を行っていきます。

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの作用や分泌の低下により、血液中の血糖値が高くなる病気です。遺伝的な要因・過食・運動不足などの生活習慣が糖尿病の原因となります。ご両親やご兄弟に糖尿病疾患の方がいる場合には、定期的に血液検査を受けられることをお勧めします。血糖値が高いと、のどの渇きを自覚することがありますが、自覚症状がないまま経過することも少なくありません。自覚症状がないため、治療せずに放置したままだと、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病性網膜症による視力障害・糖尿病性腎症による腎不全・閉塞性動脈硬化症による下肢の虚血などを引き起こす原因となります。

血糖値を下げるには

過食やお酒の飲み過ぎ・甘いもの・脂っこいものを好んで食べる、食事時間が不規則、野菜を食べることが少ない、運動不足、肥満などは、糖尿病発症の危険因子になりますので、まずは食事内容を見直すことが大切です。また、血糖値を下げるためには脂肪を減らし、筋肉をつけることが重要です。筋肉は、基礎代謝を増やし、血糖をエネルギーとして利用することにより血糖値を下げます。1日1万歩を目標に歩くようにしましょう。食後に運動を行う事で、食後の高血糖を改善することができ、より効果的です。

治療

糖尿病治療は、重症度によって異なります。軽症の方は、まず食事療法と運動療法を行います。食事・運動療法を行っていても血糖値が高い場合には、内服治療やインスリン治療などを行います。糖尿病の内服治療薬、インスリン製剤には様々な種類のものがあり、体型やインスリンがどの程度分泌されているか、食後高血糖の有無などを考慮した上で治療薬の選択を行います。

脂質異常症ってどんな病気?

脂質異常症の中には、高LDLコレステロール血症・低HDLコレステロール血症・高トリグリセリド血症があります。以前は、総コレステロールの数値が220mg/dl以上の場合に高コレステロール血症と言われていました。しかし、現在では動脈硬化を進めるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が、140mg/dl以上の場合、高LDLコレステロール血症といわれ、重要視されています。一方で、HDLコレステロール(善玉コレステロール)は40mg/dl未満になると動脈硬化のリスクが高くなります。また、中性脂肪が空腹時採血で150mg/dl以上の場合を高トリグリセリド血症と言いますが、高トリグリセリド血症も動脈硬化との関連が示唆されています。

脂質異常症と言われたら

まず食事・運動療法が必要になります。飲酒や甘いものの取り過ぎ、肥満は中性脂肪を増加させ、鶏卵・魚卵・レバー・マヨネーズ・動物性脂肪などはLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させてしまいます。アルコール・甘いもの・動物性脂肪などを控えめにすることが重要です。喫煙はHDLコレステロール(善玉コレステロール)を低下させるので禁煙が必要です。運動はLDLコレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪を減少させ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増加させる効果があるため、1日1万歩を目標に歩くようにしましょう。

薬による治療

高LDLコレステロール血症の場合は、食事や運動不足が関与している以外に遺伝的要因も関与している場合があります。食事・運動療法を行っても改善が無い場合は内服治療を必要とします。現在は、スタチン系と言われる肝臓でのコレステロール合成を抑え、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を低下させる薬が第1選択として使用されています。最近ではエゼチミブという小腸からのコレステロールの吸収を抑え、コレステロールを低下させる薬剤も使用されています。中性脂肪が高い場合は、フィブラート系、イコサペント酸エチルなどの薬剤を使用します 。

狭心症ってどんな病気?

体の臓器は、栄養や酸素をもらい、正常に機能するためにそれぞれ重要な動脈をもっています。心臓には冠動脈と言われる動脈があり、この動脈から栄養と酸素を心臓の細胞が受け取ることで、全身に血液を送り出すポンプとして働くことができます。この冠動脈が動脈硬化や血管の痙攣で狭くなり、心臓への血液の流れが低下する状態になってしまうのが狭心症です。冠動脈の動脈硬化を進める因子としては、高血圧・脂質異常症・糖尿病・喫煙などがあります。

狭心症の症状

左胸・前胸部・みぞおちに締め付けられるような痛み、圧迫感、重しをのせられたような痛みがあります。放散痛といって、歯茎の痛みや肩甲骨部の痛みを感じることもあります。特に重い荷物を持って坂道や階段を上ったとき、雪かきをしたときなどの体を動かした際にに1~5分程度の痛みがあり、安静により消失する場合には動脈硬化性の狭心症が疑われます。就寝中の夜中~明け方にかけて数分から30分程度持続する胸痛がある場合は、血管が痙攣するため、血液の流れが低下する冠攣縮性狭心症が疑われます。

狭心症の治療

狭心症の場合、心電図に異常が認められる場合と認められない場合があります。心電図に異常がないからといって、狭心症は否定できません。症状で狭心症が疑われた場合には、心臓超音波検査・運動負荷試験・心臓核医学検査・冠動脈CT・心臓カテーテル検査などを行い、診断します。

不整脈ってどんな病気?

不整脈には、脈が速くなるもの・遅くなるもの・脈が不整なものなどがあります。自覚症状は種類により異なりますが、動悸・めまい・立ちくらみ・失神・息切れ・胸部違和感などがあります。不整脈が起こる原因として、心臓自体に原因があるものや甲状腺機能亢進症、電解質異常などの全身疾患に起因するものなどがあります。狭心症・心筋梗塞・心筋症・心臓弁膜症など心臓の病気が原因となっている場合もあります。

不整脈の種類

不整脈は、脈が速くなる頻脈性不整脈・脈が遅くなる徐脈性不整脈・脈拍数に異常のない不整脈に分類されます。脈拍数が1分間に100以上の場合を頻脈、60未満の場合を徐脈といいます。上室性期外収縮、心室性期外収縮、心房細動・粗動、上室性頻拍、心室頻拍、心室細動、房室ブロック、洞不全症候群など、様々な種類の不整脈があり、その種類により治療方針も異なります。

検査

自覚症状や脈拍の異常から不整脈が疑われた場合は、心電図検査を行います。不整脈の種類によっては、発作時にしか心電図で異常を見つけられない場合があります。その場合には、24時間の心電図を記録するホルター心電図を使用して不整脈の有無を調べます。

治療

不整脈には、治療を必要する場合と必要としない場合があります。治療を必要とする場合には、抗不整脈薬の内服、徐脈性のものにはペースメーカー植め込み術を行う場合があります。上室性頻拍、心房細動、心室頻拍といった不整脈に対しては、心臓の中にカテーテルという電極を入れ、不整脈の発生部位を焼き切るカテーテルアブレーションという治療が行われることもあります。

高血圧を放置すると

高血圧はほとんどの場合、自覚症状がありませんが、高血圧を放置したままだと、心疾患・脳卒中・腎不全などを引き起こす原因となります。

高血圧の治療の目的

高血圧治療の目的は、血圧を正常値に下げることだけではなく、心疾患・脳卒中・腎不全などの発症を予防するためでもあります。血圧を下げることで心疾患や脳卒中などで死亡する危険性は減少します。

血圧の正常値

日本高血圧学会の治療ガイドラインで若年者・中年者の場合は、診察室での血圧が140/90mmHg未満、家庭で測定した血圧が135/85mmHg未満を降圧目標値としています。血圧の降圧目標値は、年齢・糖尿病の有無・腎臓病の有無などによって異なった目標値が設定されています。

血圧が高値だったら

高血圧の方は、塩分を取りすぎていませんか?塩分の取りすぎは血圧上昇の原因の一つになります。現在、日本人の平均塩分摂取量は1日12gですが、1日6gを目標にしていきましょう。また、ウォーキング・水泳・サイクリングなどの有酸素運動を習慣的に行うことで、高血圧の改善が期待できますが、決して激しい運動は避けてください。運動量の目安は、ウォーキング1万歩(1日/約1時間)・水泳30分(1日)・サイクリング1時間(1日)を1週間に3日以上行うようにしましょう。塩分過剰摂取や運動不足ではなく、ストレスも血圧上昇に関係します。十分睡眠をとり、休日は余暇を楽しむなど、ストレス解消を心がけましょう。

高血圧の治療

健康診断や家庭で測定した血圧が高かった場合、まずは循環器内科を受診して下さい。血圧の治療薬には、アンジオテンシンII受容体拮抗薬やカルシウム拮抗剤など多種類の薬剤があります。年齢・糖尿病・腎疾患・心疾患の有無などを考慮しながら、適切な薬剤を選択して治療します。

Copyright (C) 札幌豊平区内科・循環器科 | はせがわ内科クリニック