インフルエンザワクチンについて | 札幌豊平区の内科・循環器科・腎臓内科ならはせがわ内科クリニック

INFOMATIONお知らせ

インフルエンザワクチンについて

1月はA型インフルエンザの流行期間であります(12月下旬~3月頃)。
ここに来てインフルエンザ症例が増加しております。
皆さん、手洗い、うがいを十分行ってください。

この時期にA型インフルエンザに対して接種するワクチンについて異論もあります(ワクチンの効力が発揮されるのに2-3週間要するため流行時期を逸しているから)が、一般的に2~5月頃が流行時期とされるB型インフルエンザに対する接種は妥当であると考えます。
また、A型インフルエンザに罹患された(かかった)方も、解熱して治癒してから1-2週間あけてB型インフルエンザに対してのワクチン投与も妥当と考えております(実はこれもはっきりした見解はありませんが)。

インフルエンザワクチンについて、当院にはまだ100人分ほど備蓄がありますので、ご希望の方はお電話で受け付けております。
ご相談ください。

長谷川浩一

トップに戻る